ホーム > 口腔外科

口腔外科

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずとは、一番奥に生えてくる歯のことをいい、多くの方は大体15~30歳頃に生えてきます。
正常にまっすぐ生えている場合は抜く必要がありません。
しかし、横や斜めに生えている親知らずは悪い影響を与える可能性が高いため、抜くことをおススメします。ただし、痛い場合はすぐにご相談ください。

トラブルのリスクが高まる生え方は、大きく分けて2種類。斜め型と水平型があります。
斜め型
斜め型といってもあらゆる角度の生え方があり、奥歯に向かって生えてくる場合は、互いが圧迫されることで痛みを生じることがあります。
ヨゴレも溜まりやすく、虫歯や歯周病の温床にもなりやすいので抜歯をおすすめします。
水平型
歯ぐきに横たわり、潜り込むような形で生えてくる場合があります。外からでは確認できないこともありますので、レントゲン検査で状態を調べます。
痛みや炎症がなければ、必ずしも抜歯が必要というわけではありませんが、状態を把握しておくことがトラブルの予防にもつながります。状態が悪く、外からの抜歯が難しい場合は、外科的な治療が必要となります。


ただし痛いのに放おっておくと以下の弊害がありますので痛みを感じたらご相談下さい

・虫歯になりやすい
歯ブラシが届きにくく、どうしても磨き残しが出てしまいます。
また歯の間に食べ残しなどが挟まり、手前の歯まで虫歯になる恐れがあります。

・歯茎が腫れる
歯茎がかぶっていると歯茎の間の食べ残し、磨き残しが出てきて、歯茎が腫れやすくなり虫歯や歯周病になりやすくなります。

・歯茎にあたって痛い
どちらか一方の親知らずが抜けて無い場合や潜っている場合は噛み合せ時に歯茎にぶつかりやすくなり、痛みを感じる可能性があります。

・顎ががくがくする
顎関節症という顎の病気になる恐れがあります。
親知らずが手前の歯よりも出てきたらすぐに抜歯するべきです。

顎関節症

顎関節症

顎の関節周辺におこる痛みや違和感などの障害のことを顎関節症と言います。

・口を大きく開けようとしても、こわばって開かない。
・口の開け閉めの時にガクガクと音がする。
・あごの周りの筋肉や関節が痛い。
・頭痛がする。
・腰痛、肩こりがひどい
などといった症状が継続する場合は顎関節症が疑われます。

個人差が大きく、症状は色々ありますが多くのケースが最適な治療を行うことで今までの日常生活を送れるまで治ります。
ただし、痛みや違和感がある中で放っておくと、どんどん悪化し顎機能が破壊されてしまうこともありますので、早期治療をオススメ致します。

顎関節症の原因

顎関節症の原因

上下のかみ合わせの異常により顎関節症が起こることが多いです。
また、ストレスや精神的緊張があるときにも顎関節に負担をかけてしまいます。
顎関節症の原因としては1つだけではなく、複数の原因が微妙にからみあっていろいろな症状がでることが多いです。

顎関節症の治療法

顎関節症の治療法

手軽に簡単に出来るあごの運動療法をお教えします。

・マウスピースによるかみ合わせの治療
・レーザーによる温熱療法です。痛みも無く改善します。
・上下の歯の接触を避ける

食事をする上で必ず上下の歯は接触しますが、痛みがある場合はなるべく接触を避け、負担をかけないことが重要です。

・硬い食べ物を避ける
スルメなどの硬い食べ物を噛むことで顎に負担がかかるため、より症状が悪くなる恐れがあります。

・姿勢
立った時や座った時の姿勢も顎の骨の位置関係に関するため姿勢を見つめ治す必要があります。
頬杖、バイオリン、パソコン、寝る方向などを細かく聞き取ります。
そして適切な方法をお教えします。

新着情報

一覧を見る

2012/11/26

2013 ヒットの予感! The feeling of the hit !

ミスターパートナー出版から11月26日発売された
2013 「ヒットの予感!」に当院が掲載されました。
ー最前線の医療の現場を探るーP48
またこの内容に関して
12月29日朝10時30分よりshibuya-FM78.4にてオンエア予定です。

2012/08/31

朝日新聞出版より発売の「女性のためのいい病院」に当院が掲載されました。皆様に愛される医院目指してがんばります。ありがとうございます。

2012/08/01

「Q&Aでわかるいい歯医者2013」
週刊朝日MOOKより発売に
ホワイトエッセンス御茶ノ水が掲載されました。
是非皆様ご覧下さい。